腎盂炎ガイド
胆嚢炎

胆嚢炎

胆嚢は肝臓から分泌された胆汁を蓄え、濃縮する臓器です。その胆嚢に何らかの細菌が侵入、感染して炎症を起こす病気を“胆嚢炎”といいます。胆嚢炎になると右わき腹の痛みや寒気、高熱といった症状が現れるので、腎盂炎と間違われることもしばしば。

 

胆嚢炎とは?

胆嚢炎とは?胆嚢は肝臓から分泌された胆汁を蓄え、濃縮する臓器です。その胆嚢に何らかの細菌が侵入、感染して炎症を起こす病気を“胆嚢炎”といいます。

中でも胆汁の流れが悪く、胆嚢内(あるいは胆管内)に胆汁の沈滞を起こしている場合には細菌が感染しやすくなります。また、細菌感染の他にも胆嚢頚部や胆嚢出口、総胆管などに胆石がはまり込み閉塞したときにも胆嚢炎は起きやすいようです。

ページの上に移動

胆嚢炎の原因と症状

胆嚢炎の直接的な原因は細菌感染によるものですが、他にも栄養過多や薬品による影響などが考えられます。また、胆石や胆汁の流出障害なども大きく関わってくるでしょう。原因となる細菌の多くは、腎盂炎と同様“大腸菌”です。

胆嚢炎では右わき腹〜背中にかけての激しい痛みとともに、高熱や寒気といった症状がみられます。これらの症状から、腎盂炎に間違われることもしばしば。しかし、腎盂炎のような鈍痛とは違い、胆嚢炎は差し込むような痛みが特徴とされています。また、黄疸を伴うことも多いようです。

ページの上に移動

胆嚢炎の治療法

軽症であれば絶食や輸液、抗生物質の投与といった内科的治療で治すことができます。しかし、炎症が強い場合には腹壁から細い針をさして、胆嚢に溜まった胆汁を対外に排出する外科的処置(ドレナージ療法)が要されるでしょう。

この処置によって炎症が治まれば、数週間後に開腹手術(または腹腔鏡手術)となり、胆嚢が摘出されます。また、このような待機的手術ではなく、発症早期の手術を優先して行うことも多いようです。さらに重症の胆嚢炎では胆嚢壁が化膿して破れたり、腹膜炎を併発していたりすることがあります。これらの場合には、緊急手術が必要となるでしょう。

ページの上に移動

胆嚢炎の予防と対策

胆嚢炎を防ぐには、まず絶対に無理はしないこと。心身の過労や忙しい仕事のあとには、症状が悪化する可能性も・・・。また、胆嚢炎の予防=胆石の予防にもなります。暴飲暴食は避け、刺激性の食品や脂肪の多い食べ物もできるだけ減らしましょう。1日3度、腹八分で規則正しく食べるのが原則です。

胆嚢炎の食事療法

1. 脂肪分を制限する
脂肪の摂取量が増えると胆嚢の収縮は強くなります。脂肪分の多い肉や魚を控え、赤みの肉や魚を食べるようにしましょう。また、天ぷらやフライといった揚げ物も禁物です。ただし、脂肪分を100%絶つのではなく、1日15g以下の植物油を炒め物やサラダドレッシングとして使ってください。

2. コレステロール食品を制限する
鶏卵や魚卵、レバーなどを摂りすぎると胆道結石併発の原因となります。100%絶つという訳ではなく、ほどほどに摂取するよう心がけましょう。

3. 食物繊維の摂取
血清コレステロール濃度を低下させるだけでなく、便秘解消にも効果的です。コーンフレークや大豆、納豆、おから、野菜類、果物、キノコ、海草などを積極的に食べるようにしましょう。

4. 刺激物は避ける
炭酸飲料やカフェイン飲料、香辛料といった刺激物は消化液の分泌を高めます。膵炎予防にもなるので、極力控えるようにしましょう。

ページの上に移動

慢性胆嚢炎とは

慢性胆嚢炎とは急性胆嚢炎の穏やかな発作が繰り返し起こり、胆嚢の炎症が長期に及ぶものを“慢性胆嚢炎”といいます。

慢性胆嚢炎によって胆嚢の壁が厚くなり、胆嚢そのものが縮まってしまうとか。その結果、胆嚢は胆汁を濃縮・貯蔵するという本来の能力を失います。慢性胆嚢炎になると腹部上部の痛みや黄疸、発熱、嘔吐といった症状がみられます。

自覚症状がなければ経過観察となりますが、症状が強い場合には手術を行うことも。慢性胆嚢炎は1万人に7人の割合で発生し、また男性よりも女性に多く発症します。特に40歳以上の発生が目立ち、急性胆嚢炎の既往症がある人も発症しやすいとか。

ページの上に移動