腎盂炎ガイド
妊娠中の腎盂炎

妊娠中の腎盂炎

女性は男性に比べて尿道が短く、もともと尿路感染症を引き起こしやすい体質です。その上、妊娠中はホルモンの変化やお腹が大きくなることで膀胱が圧迫、位置がずれて尿路感染症になりやすいとされています。

 

妊娠中の腎盂炎とその原因

妊娠中の腎盂炎とその原因腎盂炎は妊婦の0.5〜2%に発生するとされ、妊娠中に生じやすい病気の1つです。大きくなった子宮が膀胱を圧迫したり、ホルモンの影響で腎臓と膀胱をつなぐ尿管の収縮が鈍くなるのがその原因とされています。また、便秘によって腸内が圧迫されることも原因といえるでしょう。

妊娠中はこれらの原因により、腎盂炎を起こしやすいとされています。妊娠中に限らず、産後も腎盂炎になることが多いようです。妊娠中に圧迫されていた膀胱が出産を機に開放され、排泄の感覚が鈍くなるのが原因とされています。

ページの上に移動

妊娠中の腎盂炎とその症状

激しい寒気&震えに伴い、腰や背中に鈍痛が走ります。38度以上の高熱が出て、尿が濁るのも特徴です。胎児への直接的な影響はないものの腎臓に入り込んだ細菌が子宮内に侵入、卵膜にまで感染が及んで破水することも・・・。こうなると、早産の危険性も出てくるでしょう。

妊娠中に腎盂炎を患うと、そのほとんどが入院および点滴治療となります。ちなみに、私は軽症だったため2日間の通院で済みました。腎盂炎を防ぐためには十分な水分摂取、またトイレを我慢しないことが大切です。そして、膀胱炎らしき症状(頻尿や排尿痛など)があったらすぐさま病院を受診し、治療しましょう。

ページの上に移動

妊娠中の腎盂炎体験談

私が妊娠中・・・いや、出産間近に患った腎盂炎について紹介します。あの寒気と震え、背中の痛みは今でも忘れることがありません。

発症

ある日、ソファーでくつろいでいると物凄い寒気に襲われました。インフルエンザでも体験したことのないような、ひどい寒気です。私はすぐさま毛布に包まり、熱を測りました。ピピッと鳴ったので見てみると・・・なんと39度! 妊娠中ということもあり、慌てて病院へ駆け込みました。病院の待合室でもガタガタブルブル・・・震えが止まりません。

名前を呼ばれて診察室へと入ると、先生はすぐさま背中を叩きました。すると、左側の肋骨下に何とも言えない激痛が走ったのです! 痛がる私に向かって、先生は「これは腎盂炎ですね」と一言。風邪だと思い込んでいた私は、予想外の結果に驚きました。

治療

診察時間内ということもあり、2階の陣痛室で1人寂しく点滴を受けることになりました。その前にNST装置で赤ちゃんの心拍を確認・・・すると、いつもよりも若干荒く感じます。どうやら、高熱のときは熱そのものが胎児にストレスを与えるとか。また、この点滴は妊娠以来はじめての服薬となります。そのため、赤ちゃんへの影響なども気がかりでした。

その旨を伝えると、先生は「大丈夫!」とのこと。当たり前のことですが、赤ちゃんには影響のない抗生物質を使うそうです。点滴は2時間ほどで終わり、その頃にはからだの震えも治まっていました。あとは薬を処方してもらい、帰宅するのみ。ちなみに、点滴は次の日も行われました。

ページの上に移動

妊娠中の服薬とその影響

妊娠中の服薬とその影響妊婦さんの中には、「腎盂炎になったけど薬は飲みたくない」という人も多いでしょう。妊娠中に限らず、授乳中のお母さんもご自身の服薬についてはかなり神経を使っていることと思います。

しかし、特殊な病気に用いられる薬(抗がん剤、ホルモン剤、向精神薬、放射性物質など)以外で胎児や赤ちゃんに悪影響を及ぼすものはない・・・と考えていいでしょう。逆に、服薬しないで病気を長引かせることのほうが問題です。

ちなみに、妊娠中の服薬に関して注意が要される時期は妊娠4〜15週目までの間とされています。この時期は胎児の中枢神経や心臓、消化器、四肢など重要な器官が形成され、また服用する薬の種類によっては胎児に奇形を及ぼすと考えられるからです。

いずれにしても妊娠中に病気を患ったらすぐさま病院へ行き、担当医の指示をあおぐようにしましょう。いずれ治る・・・という自己診断は禁物です。

ページの上に移動