腎盂炎ガイド
腎盂炎になりやすい人
腎盂炎ガイド > 腎盂炎になりやすい人

腎盂炎になりやすい人

腎盂炎は子供〜大人まで、幅広い年齢にみられる病気です。では、一体どんな人が腎盂炎になりやすいのでしょう? ここでは腎盂炎になりやすい人を徹底分析しています。また、その原因や治療法についても紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

 
ページの上に移動

どんな人が腎盂炎になりやすいの?

腎盂炎は必ずしも遺伝するものではありません。むしろ、何らかの理由により発症することが多いとされています。では、一体どんな人が腎盂炎になりやすいのでしょう? ここでは先天性のもの(膀胱尿管逆流症など)を除いた、いくつかの例をあげてみようと思います。

トイレを我慢しがちな人

尿が長い間膀胱内に溜まることでその内面が痛み、さらには細菌が増殖してしまいます。トイレは我慢せず、こまめに足を運びましょう。

排便後の拭き方が悪い人

女性の場合、尿道と肛門が近いので膀胱内に大腸菌が侵入しやすいとされています。よって、排便後は前〜後ろへと拭くようにしましょう。

生理用ナプキンをこまめに取り替えない人

長時間使用したナプキンやおりものシートは雑菌の温床となっているため、膀胱内に細菌が入る危険性も高いと考えられます。生理用ナプキンやタンポン、おりものシートなどはこまめに交換するようにしましょう。

性行為後に排尿をしていない人

性行為によって、膀胱内に細菌が入り込んでいる可能性もあります。性行為後はトイレに行くタイミングも逃しがちですが、腎盂炎を予防するためにも必ず行くようにしましょう。

腎盂炎は女性に多いって本当?

腎盂炎は女性に多いって本当?前項目からもわかるように、腎盂炎は女性に多い病気とされています。からだの構造そのものが腎盂炎になりやすいとされる他、さまざまな原因があげられるでしょう。

女性は出勤や登校など朝の忙しい時間帯は家族にトイレを譲ったり、また外出先などでついトイレを我慢したりというパターンが多くみられます。こうした我慢も膀胱内で細菌を増殖させ、腎盂炎を引き起こす原因となるのです。

ページの上に移動

男性は腎盂炎にならないの?

男性の尿道は17〜20cmと長く、細菌が侵入しても膀胱にたどり着く前におしっこで流される可能性があります。かといって、男性がかからない病気というわけではありません。逆に、1歳未満の男児および40歳代以降の男性は腎盂炎にかかりやすいといえるでしょう。男性がかかる腎盂炎には何らかの原因(前立腺肥大や膀胱腫瘍など)が考えられるので、早めに泌尿器科を受診してください。

ページの上に移動