腎盂炎ガイド
腎盂炎の注意点

腎盂炎の注意点

一度、腎盂炎を患うと再発が心配されます。では、一体どのような生活を送れば腎盂炎にならないのでしょう?  日常生活と食生活、2つの場面からそれぞれの注意点について紹介します。 ぜひ、参考にしてください。

 
ページの上に移動

日常生活の注意点

腎臓はからだの内部環境を整える器官・・・よって、その環境が整っていれば腎臓への負担も少なくなります。腎臓への負担をできる限り少なくし、腎機能を低下させないよう日常生活の中でカバーしてあげましょう。

水分補給

毎日コップ6〜7杯(2000cc弱)の水分を摂り、尿をたくさん出します。また、トイレは我慢せず、尿意がなくても3〜4時間に一度は排泄するようにしましょう。膀胱内に尿をためないことが、腎盂炎対策の一歩です。

清潔

排尿および排便後は、清潔な紙で前〜後ろへと拭くようにします。また、同じ紙で2回以上拭くのは禁物です。生理の際はナプキンやおりものシートをこまめに交換し、清潔を保ちましょう。性行為をするときはその前にシャワーを浴びて、からだや手指を清潔にします。また、性行為の後は必ず排尿し、水分補給してから休むようにしてください。

保温

冷えは血流障害をきたし、からだの抵抗力や免疫作用を低下させます。感染症にもかかりやすくなるので、からだ(特に下半身)を冷やさないよう工夫しましょう。また、ストレスや疲労、過激なダイエットなども免疫を低下させるため腎盂炎の原因となります。
ページの上に移動

食事の注意点

食事の注意点腎盂炎は細菌感染によるものなので、これといった食事制限はありません。ただし、細菌除去のためには水分摂取を多くし、尿量を増やす必要があります。

また、特別な食事制限はないにしろ、腎盂炎にとって「減塩」は大切な食事療法です。出汁やスープ、素材そのものの味を生かすよう工夫しましょう。

一方、慢性腎盂炎では腎機能に障害のあることが多く、長期間を経て慢性腎不全になることも少なくありません。その際、腎機能に応じた食事療法が必要となります。

ページの上に移動